TCFセクション6

TCFで自分がどのくらいのレベルにあるのか知りたい。
TCFとはどんな試験なのか知るためTCFの公式テキストをやってみました。

テスト内容は、聴き取りと読解の大きく二つ。

読解のパート
セクション1〜4の聴き取りについては、前回までの記事で記載した通り。
今週はセクション5は文法と語法の問題で、前回までの記事で記載した通り。

セクション6
長文読解の問題です。
セクション6はTOEICのpart7と同じような問題です。
手紙とかレストランの営業時間の案内などがあったり、新聞記事のようなものがあります。
長文を読んで、問いに対する答えが4つの選択肢に記載してあり、最も適当な回答を選ぶというものです。
内容はTOEICとよく似てます。
TOEICと同じような解き方ができそうですね。
まず問いを読み、問いに対する回答がありそうなところがでてくるまで、本文を読み進め、回答となりそうな文があれば、そこを念入りに読んで、また次の問いを読んで、本文を読み進めるなど。

TCFの参考書は今日で一冊すべて解いてみて、精読もしたので、明日から試験までの1か月間、ひたすら繰り返したいと思います。


Connaissance Francais


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

TCFセクション5

TCFで自分がどのくらいのレベルにあるのか知りたい。
TCFとはどんな試験なのか知るためTCFの公式テキストをやってみました。

テスト内容は、聴き取りと読解の大きく二つ。

読解のパート
セクション1〜4の聴き取りについては、前回までの記事で記載した通り。
今週はセクション5をやりました。

セクション5
文法と語法の問題です。
文の一部が空白になっていて、4つの選択肢から、空白に入れるのに適当なものを選択します。TOEICのpart5のようなものです。
名詞の性・数に合わせて動詞を活用させるやつとか、amenerとかemmenerとか、似た単語が並んでるやつとか、初めて見る単語ばかりが並んでるやつとかあります。

対策は、TCFの問題集を多く解き頻出語を分析とかになるのでしょうが、私はTCFで高得点を取るのが目的では無いので、あまり対策せずに臨もうと思います。
やるとしたら、名詞の性・数に合わせて動詞を活用させる時の問題に慣れる事くらいかな。



Connaissance Francais


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

TCF

TCFで自分がどのくらいのレベルにあるのか知りたい。
TCFとはどんな試験なのか知るためTCFの公式テキストをやってみました。

テスト内容は、聴き取りと読解の大きく二つ。

聴き取りのパート
パートはセクションと呼ぶみたい。
セクション1,2については、前回の記事で記載した通り。
今週はセクション3,4をやりました。
TOEICと構成が似てますね。

セクション3
二人の会話を聞いて、質問に対する正しい回答を4つの選択肢から選択するといもの。
TOEICに似てますね。
でも大きな違いがあります。
TCFは、質問文が問題用紙に記載されてません。
質問も読み上げられるだけなのです。

セクション4
ナレーターが読み上げる文書を聞いて、質問に対する正しい回答を4つの選択肢から選択するといもの。
TOEICに似てますね。
でもこれもセクション3同様、質問文が問題用紙に記載されてないのがTOEICとの違いですね。

なので質問・選択肢を先読みして構えて会話を聞くことができません。
これは日本語の会話、選択肢でも難しいぞ。
1回しか読み上げられない会話を正確に覚えないといけない。
問題用紙にメモできるなら良いのですが、TOEICはこれは禁止、TCFはどうなのだろうか?
ネットで調べてみてるが、OKなのかNGなのか見つけられない。

さて、対策はどうする?

聞くポイントを押さえて、頭の中を整理していくしかないですね。
選択肢は事前に読んでおかないと、次の問題が始まるまでにマークしきれないのは同じそうだから、読むスピードも上げないといけない。

なかなか手強そうだ。


Connaissance Francais


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

TCF申込み

アンスティチュフランセ横浜で11月のTCF(Test de Connaissance du Français)を申込みんできました。
テストの形式を全く知らないと、フランス語の能力以前の所で、時間を取られたり、回答仕方が分からなかったりして以前買っていた参考書をやってみました。

簡単なサンプルテストがいくつか紹介されていて、各問題のトレーニングや解くためのアドバイスが少し載ってます。

テスト内容は、聴き取りと読解の大きく二つ。

聴き取りのパート

・絵1個が書かれていて、フランス語で4フレーズ読まれるので、そのうち絵を説明してる1フレーズを選択する。
というTOEICのpart1のような問題。

・問題用紙には何も書かれてなくて、フランス語での二人の会話に関する問題
 Aさんが質問する。Bさんの回答が4フレーズ読まれるので、そのうちAさんの質問へのもっとも適切な回答を選択する。
というTOEICのpart2のような問題。
アナウンスが流れて(雑音も一緒に)、どういう場所でのアナウンスか?なんて質問があるのが、TOEICにはなくて面白い。

と、今日はココまで、次回は、その他の問題についても書きますよ。


Connaissance Francais


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

TCF

TCF(Test de Connaissance du Français)という試験を受けようと思います。
これは、英語のTOEICのような試験で、合格不合格でなく、自分のレベルが点数で分かるというものです。

勉強をするのに欠かせないのは、自分がどのレベルにいるか、どこが苦手なのかを知ることです。

11月試験なので、来年8月の通枠案内士テストに向けても、まず自分のレベルを見て、それに対する対策をすることを考えるとちょうどいい時期だと思います。
まずは、どのようなテスト形式なのか参考書を買って、試し解きしてみました。


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

フランス語で話す自分のこと日本のこと

新しい本を買いました。


フランス語で話す 自分のこと 日本のこと《CD付》

この本の良いところは、
・文章がそこそこ長い(数えてないけど250-300語くらい)
・話題が身近
・読む際の文法や表現のポイントが載ってる
・言い換え表現が載っている
・音声が付いている

一番最後の音声が付いているのはとても重要です。
フランス語の語順で文章を理解するネイティブ思考法のトレーニングをするには、
音読、リピーティング、シャドーイングすべてをできることが良いと思います。
リピーティング、シャドーイングは音声がないとできません。

しかも慣れてくれば、テキストが無くても、音声だけあれば、いつでもどこでもトレーニングできるため、すきま時間を使って、トレーングすることができます。
こういうテキストが欲しかったというのに近い本です。

早速6話まで、1回読んでみて、分からない単語や構文を調べて、テキストに書き込みました。(音読の準備です。)
音読するのに、意味や構文が分からずに音読しても意味がないですからね。


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

フランス語筆記試験対策(2)

フランス語通訳ガイドに挑戦
==
フランス語筆記試験の私の対策について、書きたいと思います。

前回の記事で問題内容について書きましたが、再掲します。
読んで下さった方は赤文字箇所から読み始めてください。

問題内容

1.長文読解(10点)
 長文を読んで、質問3問にフランス語で答える。

2.長文読解(15点)
 長文を読んで、文に含まれる4個の単語の類義語を長文のなかから探す問題が1問
 質問にフランス語で答える問題が2問

3.仏文和訳(15点)
 7-8行くらいのフランス語の文章を日本語に訳すのが2問

4.和文仏訳(30点)
 観光客とガイドの会話のやり取りが日本語で書かれていて、それをフランス語で書くのが2問

5.仏作文(30点)
 日本語単語(婚活とか)について、フランス人に説明するようにフランス語で書くのが2問

です。

下記の順番/時間配分で問題を解こうと考えています。
問題4.30分
問題5.35分
問題2.15分
問題1.15分
問題3.20分
みなおし5分

ではこれを元に、それぞれの問題に対する対策を考えると、
問題4
日本旅行している外国人との簡単な会話をフランス語に訳せる力が必要です。
そのためには、
・日本を説明するために必要な単語を多く覚える
・よく会話に用いられる表現が瞬時にでてくるようにする
事が必要です。

というスキルを上げるには、この勉強をしたいと思います。
・簡単な会話集を瞬間仏作文で何度も繰り返す
・過去問の単語を単語帳に書き込み覚える
・フランス人向けの日本旅行単語集を繰り返す

問題5
日本についてフランス語で説明する力が必要です。
やっぱり書いてみることが必要だと思います。
毎週末に仏作文(書く)したいと思います。そして分からない単語、活用間違いやもっと良い表現がないかを自分で調べます。本当は私が書いた文章をネイティブの人に訂正してもらった方が良いんでしょうけど。

問題1と問題2
長文読解です。今回の問題は本文と質問を合わせて350-400語くらいでした。
質問3問を各3分で答え、長文は2回くらい読める時間が欲しいと考えると、3分で400語を読める力が必要です。
130WPM(Words per minute)で正確にフランス語を読める力があればよいでしょう。そんなに早いスピードではありません。

長文を繰り返し読むことによりトレーニングしたいと思います。
少し早めて、160WPM位で読めるようになりたいですね。

問題3
日本語に翻訳する力が必要です。
頭で理解できるだけでなく、日本語に直すことが必要ですね。
日本語に翻訳する力をつけるための参考書もあります。
でも、長文を繰り返し読み内容を正確に把握できることができれば、日本語にもできると思います。
問1,2用の勉強ができれば良いでしょう。


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術