リピーティング

リピーティング

リピーティングとは、テキストを見ずに文や意味の塊ごとに音声を聞き、聞いた通りに声に出して言うことです。
===
期待される効果
・話す力がつく
・最初は単語単位でしか覚えれなかったのが長い範囲で覚えれるようになる。
===

やり方
・知らない単語や意味がわからない文がないように単語の意味と文の構造を調べる。
↑↑ここが重要です。意味の分からないものをいくら読んでも上達しません!
 いつでも再確認できるように書き込んでおくのが良い。
 準備は音読の時と同じです。

・テキストを見ずに音声を聞き、1文くらいでいったん音声を止めます。一文が長い時は、途中で止めて、そこまでをやった後に次に進むようにしてください。

・音声と同じように、口に出して仏文を言います。

・テキストを見て、合ってるかどうか確認します。

というのを繰り返し、テキスト全体を読みます。

この時、意識しなければならないのは、ネイティブ思考法です。

主語の後に動詞が来ることを強く意識して、音声を聞きます。
その後に続くのは、何かを意識して聞きます。目的語だったり、何かを補足する語だったり、しますね。

自分で口に出す時も、フランス語の語順を意識します。
主語の次に動詞を言います。そして、目的語だったり、何かを補足する語だったりを続けます。

フランス語の語順を意識して口に出さないと、例文をただ覚えるだけになってしまい、実際に使う機会のない文章を覚えるだけになってしまいます。

大事なのは、フランス語の語順を頭に刷り込むことです。
何回も何回も繰り返して、自然と理解できる、口に出せるようにしていきましょう。


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術