通訳案内士 実務の参考書

フランス語・全国通訳案内士を目指して
===

通訳案内士試験に今年から追加された通訳案内の実務に関する筆記試験。

過去問がないからどんな問題が出るのか分かりません。

参考書もあまりありません。

新日本通訳案内士協会が出してる参考書

が2018年6月に発売されたので買いました。

内容的には観光庁のホームページに載ってる研修テキストそのままに、模擬問題を加えたもの。

良い点としてはトピックごとの重要度が4段階(星なし、一つ星、二つ星、三ツ星)に分けられているので、どこを集中してやるかの目安になることです。

本番まで残り2ヶ月切りましたので、真面目に勉強やってます。


全国通訳案内士試験 「実務」 合格! 対策


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

試験対策 フランス語

フランス語全国通訳案内士を目指して
===
通訳案内士試験の科目に実務の筆記試験が増えて、筆記試験免除ができなくなり、
フランス語1本に絞る事になった訳ですが、勉強のスケジュールを再度練り直しました。
昨年3科目合格したので、今年は下記の科目を受験です。
筆記試験:地理と実務
口述試験:面接

■フランス語 口述

フランス語の口述試験対策です。
口述はまず筆記試験を全科目合格しないといけないのですが、対策は始めます。

フランス語の口述試験対策本はありませんので、英語のを参考にします。
英語の問題の傾向や出題内容が分かりますので、参考にします。


通訳案内士試験「英語一次・二次」直前対策 ([CD+テキスト])

富士山や金閣寺についてプレゼンして、面接官から質問された事に答える。
という形式で、英語の回答例が書かれています。

私はフランス語を受ける訳ですから、フランス語で質問に答える内容を考える事にしてます。
口で言うのではなく、書いてます。

・まずフランス語で書く

・フランス語で書いた後、いろんな参考書やフランス語のウェブサイト、ガイド本などを見ながら、自分で書いた内容をブラッシュアップしてかく

書いた方がじっくり考えれますし、どこが悪いかどこを修正するか、どんな別の表現があるか、チェックしやすいからですからね。
これを残り7ヶ月くらい続ければ、作文力もつくでしょう。

書いたやつは音読するのを忘れずに。


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

試験対策 実務

フランス語全国通訳案内士を目指して
===
通訳案内士試験の科目に実務の筆記試験が増えて、筆記試験免除ができなくなり、
フランス語1本に絞る事になった訳ですが、勉強のスケジュールを再度練り直しました。
昨年3科目合格したので、今年は下記の科目を受験です。
筆記試験:地理と実務
口述試験:面接

■実務

実務の試験は今年初めて実施されるので、問題傾向がわかりません。
観光庁研修テキストが出題範囲とのことで、このテキストを印刷して、製本したものを通勤時間に読んでます。
※上記リンクには正誤表が含まれませんので、正確に把握されたい方は、このページをご参照ください。

通訳案内士の予備校的な所が模試をやってたり、対策本が5月に出ますので、どちらかを使って勉強していきたいと考えてます。


全国通訳案内士試験「地理・歴史・一般常識・実務」直前対策

フランス語の対策は後日・・・


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

試験準備 地理

フランス語全国通訳案内士を目指して
===
通訳案内士試験の科目に実務の筆記試験が増えて、筆記試験免除ができなくなり、
フランス語1本に絞る事になった訳ですが、勉強のスケジュールを再度練り直しました。
今週は試験日程も発表されるでしょうから、いまから”頑張るモード”に自分を持っていかないといけませんね。

■日本地理


【改訂版】完全制覇 国内旅行地理検定試験

これです。
通勤時間で一通り覚えたので、 巻末の練習問題 を開始しました。
どこが覚えきれてないかを確認するために、練習問題を解きます。

なかなか覚えきれない所は、その地域の観光案内所のウェブサイトを見て、印象に残るようにします。
PCでページを見て、Google Chromeブラウザにブックマークしておいて、スマホにGoogle Chromeブラウザにブックマークを共有しておけば、通勤時にも見れますね。

実務とフランス語は後日


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

方針変更

フランス語全国通訳案内士をめざして
===

JNTOより18年度の全国通訳案内士試験のガイドラインが発表されました。

まず英語の筆記試験免除のTOEIC点数が引き上げられました
840点から900点になりました。

私は免除資格なしとなりました。

と言うわけで、勉強時間が分散してどっちつかずにならないように、フランス語1本に絞ります。

次に、

通訳案内の実務筆記試験が追加されました。
昨年まではこの科目は無かったので、私は受ける必要があります。
ツアーの組み方や関連法規に関する試験です。
50点満点で30点以上が合格です。

200ページ弱の”観光庁研修のテキスト”が出題範囲ということで、これを覚える必要があります。
語学資格という色は薄まり旅行ガイドの資格という本来あるべき方向に向かってきてますね。

試験日程の発表は4月上旬ですが、前年の例からすると8月下旬が筆記試験。

残り4ヶ月強で、地理と実務の2科目を勉強です。

1科目だけだからたっぷり勉強時間あると思っていたのが、2科目に増えましたので、昨年同様勉強する必要あります。
一旦、英語の対策はやめます。

プランを練り直しです。
観光庁研修のテキストをまずは目を通して、考える事にしましょう。


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

講座利用

フランス語全国通訳案内士を目指して
===
アンスティチュフランセ東京の講座を申し込みました。

フランス語圏からの旅行者のための通訳ガイド

”フランス語圏からの旅行者との同行中のやりとり、知識や情報の伝え方のコツやどのように興味を引かせるかなどを 学習します。通訳案内士試験の口述試験対策にもなります。学期内に具体的な場面で実践する機会を設けます。”

とのことで、口述試験対策で申し込みました。


対策本だけだと、自分がどのくらい話せるのか分からないので、実際に話しているところを直してもらったりする事が大事だと思います。

今の時点で課題を見つけて、12月の本番までにトレーニングを積む

作戦です。

講座のレベルはC1レベル(準マスター)で私のB1(中級)とは2段階のギャップがあります。

ついていけるのだろうか?という不安はありますが、逆に言うとC1の方々のレベルとのギャップを知る機会になりますので、恐れずに、頑張ります。


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

そろそろ始動しなくては

フランス語全国通訳案内士を目指して
===

さて、全国通訳案内士の試験はおそらく8月下旬ですから、あと半年です。
今年は前回落とした日本地理に受かれば二次試験に進めます。
昨年は4科目分勉強してましたので、今の時期は結構一生懸命勉強してたような気がします。
今年はようやく今から準備を開始しようかなぁといったところです。

といっても、

11月にぼちぼち始めたこの本も一応北海道から沖縄まで全エリア分ざっと覚えたところです。
ただ、まだ4割程度しか覚えきれてないので繰り返してもっと覚えて行く必要があります。

ちなみに、この本で覚えた知識で昨年の問題を解いて見たところ合格基準の7割超えました。
昨年は別の対策本を覚えましたが、問題傾向に全然マッチしてなく本番試験の時にわかる問題があまりありませんでした。
この本は近年の問題傾向と似てますので、効果が期待できるのではないかと思います。


【改訂版】完全制覇 国内旅行地理検定試験


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術