地震

フランス語ネタは明日からです。学習は続けます。

今日も私は、熊本のことが頭から離れません。
一日中です。気晴らしに散歩に出たりしても、常に熊本が気になります。
余震が続いているからです。眠れないのではないか?物資が足りないのではないか?

物資について、これは良いと思ったのは、福岡市の対応。
簡単に効果的な支援ができます。福岡市の皆さま、ご支援お願いします!

以下高島市長のブログの抜粋です。

《福岡市長 高島宗一郎 - 「WITH THE KYUSHU プロジェクト」として、福岡市から市民の皆さんに具体的な支援物資提供についてのご協力のお願いです。以下のように致します。 - Powered by LINE

本日17日(日)は13時から20時までのあいだ、旧大名小学校にて以下の6物資のみ提供を受け付けるとのことです。また、月曜日以降は当面朝10時から20時までとのことです。

受付期間

2016年4月17日(日)13:00~20:00
翌月曜日以降は10:00~20:00

受付場所

旧大名小学校(福岡県福岡市中央区大名2丁目6-11)

提供を受け付ける物資

ペットボトルの水(未開封でもちろん賞味期限内)
トイレットペーパー
おむつ(子供用、大人用)
タオル(未使用、未開封のみ)
毛布(未使用、未開封のみ)
生理用品
現時点では、上記6種類以外の物資は引き取れない点に注意してください。なお、提供頂いた物資は旧大名小学校の教室を利用して仕分けを行い、まとめてから被災地に送るとのことです。》

皆さま、突然普通の暮らしを送れなくなった人がたくさんいます。
ご支援をお願いいたします。
http://volunteer-platform.org/emg/jishin20160414/


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する