試験

勉強してると自分の力がどれだけついたか?測定してみたくなりますよね?
実際に本を読むスピードが速くなったとか、フランス旅行でスムーズに話せるようになったなどで上達を実感できますが、客観的な測定ができる資格試験も良いでしょう。

フランス語資格試験試験をリストアップしてみました。
自分のレベルに合った難易度の試験に挑戦されることをお勧めします。

http://apefdapf.org
仏検(DAPF)
英検は学生時代に耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?
仏検はフランス語の試験です。
日本だと本屋で仏検関連の本を見ることが多く、一番メジャーなイメージです。

基準点を超えると合格。1級とか2級とか級を取るための試験を受ける必要があります。
年二回試験があります。(上位の1級や準1級は一回)
レベルに応じた級があります。
1級、準1級、2級、準備2級、3級、4級、5級
1級が一番難しい。

http://www.delfdalf.jp/
DELF/DALF
DELF A1、A2、B1、B2、DALF C1、C2
C2が一番難しい
聴解、読解、文書作成、口頭表現の項目があります。
基準点を超えると合格です。
年2回実施です。

http://www.delfdalf.jp/tcf_jp.htm
TCF
合格、不合格でなく、得点に応じて受験者のレベルを欧州評議会が定めた6段階(A1, A2, B1, B2, C1, C2)のいずれかで示します。
有効期間2年
聴解、文法、読解。オプションで口頭表現、文章作成があります。
TOEICみたいですね。
試験会場により異なりますが、年2回〜5回実施です。

http://www.ccfj.com/talk/tef/
TEF
フランス文部省認可。パリ商工会議所が実施する世界共通のフランス語能力試験です。
900点満点の点数と7段階(読解、リスニング、文構成・語句。
オプションで筆記・作文、口頭・面接があります。
TOEICみたいですね。
年3回実施です。


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する