スーパーエルマー

まずは、私のフランス語勉強のベースとなる部分を説明させていただきます。

 私のTOEICリスニングスコアが一気に伸びたのはスーパーエルマーという教材を使用してからです。

 スーパーエルマーは、東京SIM外語研究所の英語教材です。
ネットを見てる時に、よくスーパーエルマーのバナー広告を見ます。
TOEICのスコアが大幅にアップしました!という人が続出しているという教材です。
私も半年ほどで715点→865点に上がりました。1年くらいリスニングのスコアがほとんど伸びてなかったのに700点台から一気にAクラスの865点まで上がるなんて自分でもびっくりしました。

 英語もフランス語も同じだと思いますが、英語の語順、フランス語の語順で文章を理解できるようになることが最良の道だと思います。
スーパーエルマーは、英語を英語の語順で理解できるようになるための教材です。
解説用のCDが1枚、トレーニング用のCDが12回分とそれぞれテキストが付いています。
音読、リピーティング、シャドーイングと言った英語学習に効果ありと多くの人が言っている勉強法に独自の手法を加えて学習します。
 これらの勉強法が詳しく解説してありますので、学習しやすい。あれ?どうやってやるんだったっけ?と分からなくなったらもう一回解説を確認すればよいのです。実際にどうトレーニングすれば良いかCDを聴きながら確認pできますのでやり方がわからないと言うことがありません。

何が他の教材と違うのか
それは、英語を英語の語順で理解するネイティブ思考法を定着させることに重点を置いているという事です。
ネイティブって何?と思われる方もいらっしゃると思いますが、ネイティブとは英語を母国語としている人たちのことです。要は、英語を話す人たちが、英語を聞いたとき、英語を話すときに頭の中でやってることを、できるようになりましょう、ということです。

 スーパーエルマーの勉強法に興味のある方は下記スーパーエルマーのサイトをご覧ください。
サンプル音声も聴けます。
勉強法1
勉強法2
勉強法3

また、本も出てますので、教材を買うにはご予算が・・・という方は、下記の本をご覧ください。


60万人が結果を出した「ネイティブ思考」英語勉強法

フランス語でスーパーエルマーのような教材があるか探して見ましたが、残念ながら同じようなのはありませんでした。
でもスーパーエルマーのネイティブ思考法は絶対良いです。

 星の王子様の最初のフレーズを例に説明します。

Lorsque j'avais six ans j'ai vu, une fois, une magnifique image, dans un livre sur la Forêt Vierge qui s'appelait "Histoires Vécues."

日本語に訳すと

「私は6歳の時、”本当のお話”という原始林について書かれた本で、素晴らしい絵を一度見たことがある。」
となります。

Lorsque j'avais six ansが私は6歳の時
で 続くj'ai vuは、日本語だと一番最後の「見たことがある」となり、フランス語と日本語では順番がまったく異なり、フランス語を日本語にするのに、順番を組み替えて、日本語らしい日本語にしていく必要があります。このように日本語の語順に組み替えて、1文の中で行ったり来たりしながら読む読み方を、「返り読み」と言います。
 学生の時に長文を訳して日本語にしてた時のようですね。問題を解くのにすごく時間かかってました。
 返り読みをすると、読むのに時間がかかるし、リスニングで理解することなんてできません。聞いた瞬間次の単語がどんどん聞こえてきて、日本語訳を作る事なんて無理だからです。

 ここで、役に立つのがスーパーエルマーの勉強法です。
前から順にフランス語を読んでいきます。
( )の中は頭の中で思ってることです。次に来る事を期待しながら読んでいきます。

Lorsque j'avais six ans 私は6歳の時(6歳の時何があったのかな?)

j'ai vu, une fois, 私は一度見ました。(あ、見たんだ。何を見たの?)

une magnifique image すばらしい絵を(すばらしい絵を見たのか。どんな?次に説明が続くんだろうな)

dans un livre sur la Forêt Vierge qui s'appelait "Histoires Vécues." ”本当のお話”という原始林について書かれた本の中で。
(あれ?何を見たか書かれてないな。次の文を見てみよ)

Ça représentait un serpent boa qui avalait un fauve. 猛獣を飲み込んでいる大きな蛇が書かれていました。(猛獣を飲み込んでいる大きな蛇の絵を見たんだね)

という風に、前から順番に読んでいけば、日本語に翻訳しなくても意味が通じるので、文章を読むのに行ったり来たりしなくて良いんですね!

フランス語のラジオを聞くとき、音読するとき、フランス語の学習のあらゆる場面において、上のように次を期待しながら、聞いたり声に出して読むように心がけて、学習しましょう。


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する