ゆるく行こうぜ

ゆるく行こうぜ休日Bookoff~♪

読む本の数、だいぶ減りました。
TOEICの勉強やっていた時に期間が限定されていたので、ほぼ通勤時間はTOEIC、家に帰ってからもTOEICばかりだったので、英語以外の本をほとんど読んでませんでした。
TOEICやめて半年くらい経ちますが、本を読むという習慣は、戻りませんでした。
(期間限定だけどTOEICで高得点だしたら報奨金はずむよって会社から言われていたので期間が限られていたのですね。)

やっぱり、いろんな分野の本を読もう!
最近そう思うようになりました。
安い金額でいろんな方の考え方を知ることができるので、良いですね。
知識も増えると楽しい。

お金をあまりかけずに本を読もうとすると、
・図書館で借りる
・中古本を買う
のどちらかになると思いますが、私は、中古の本を買うほうが合ってますね。

借りるのは、期限内に返さないといけない、失くしたり、汚したりというのを気にしないといけないのが好きでない。
中古本屋(Bookoff)は家から近いのですが、図書館は少し遠い、ある本を読むためにBookoffは1回行けばよいが、借りる場合は2回行かないと行けない。めんどくさい~

というわけで、休日の今日はBookoffに行きました~、ゆるく行こうぜ休日Bookoff~♪

ちょっと古い100円本を買いあさりました。
鬼平犯科帳なんてのも買いました。
池波正太郎先生はフランス好きなんですよね。

鬼平先生(池波正太郎先生)がフランス旅行した時の旅日記が本になってて、その本が好きなのです。
何月何日にどこに行って何を食べた、その時にどんなことがあったかを短い文でメモした程度の旅日記なのですが、作家でない私が旅行に行ったときに書くメモ程度の短さで非常に読みやすい。
そして、その短さが、なんだか臨場感出してて、気に入ってるんですよ。


あの日、鬼平先生は何を食べたか―池波正太郎フランス旅日記 (生活人新書)


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する