学習日記 2016/11/18

今日は早く帰宅して、長文読解のトレーニング用に買った「Passages―De France et d’ailleurs」というテキストを読む。

なかなか、むずかしいぞ!

初っ端から「人権宣言」

最初の一文、文の終わりはなんと、9行目のbonheur de tous.まで。ここまでが一文。
長い!

しかも、主語(S)、動詞(V)、目的語(O)が、こんなに離れてて、" , "で補足説明(文法用語でいうと修飾節?)がずらずらと何個も続いてます。
文の構造を見つけるのが大変ですね。
なかなか難解ですが、こういうのに慣れると難しい文章もスラスラ読めるようになりそうな気がします。

人権宣言 序文


Passages―De France et d’ailleurs 東京大学フランス語教材


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する