日本史の準備

フランス語・通訳ガイドを目指して
===

今週は日本史の過去問を5年分(5回分)解きました。

/// 傾向 ///
昔と最近の試験傾向に変化はあまりないです。
日本史のざっとした流れ、政策、建物、文学について誰が携わったか、それはいつ頃かを問う問題が多い。
何度も試験にでてる出来事や人がある。
という事が分かりました。

//// 計画 ///
日本史を流れを思い出す。(あまり深いところまで入り込んで時間をかけ過ぎないように注意して)
建物や絵画の写真を見て、それが何か?何県にあるか?誰がいつの時代に携わったか?が分かるようにする。

というわけで買った本、

日本史の流れをざっとつかむために選んだ本。
読み始めましたが、分かり易くて、一気に読めそう。

読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)

そしてメインで使いたいのは、これ。
カラー写真が載ってるし、一冊で旧石器時代~近代までカバーしてて使えそう。
全部覚えると大変そうなので、過去問で取り上げられた話題について、まずは、完璧に覚えよう。

山川 詳説日本史図録 第7版: 日B309準拠


通訳案内士 地理・歴史・一般常識 過去問解説〈平成28年度問題収録〉


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する