過去問終了

フランス語通訳ガイドをめざして
==

通訳ガイドの過去問5年分(日本地理、日本史、一般常識)を一通りやりました。
予定通り5週間で終わりました。

一般常識の問題は出題範囲も広くいろんな話題の中から出してくるから、対策が取りにくい。
でもテレビでこの話を聞いたことがあるよな。って話題もあり、普段気を付けて周りの情報に触れておけば少しは良いかも。

問題を解いてわかったのは結構以前出題された話題が試験に再度出題されている。ということ、まず頻出の話題を覚えておけば、少し点数を稼げそうです。

今日は、次の勉強プランを検討しました。
何を勉強するか決めてあとは、ひたすら繰り返すことです。

日本地理、日本史、一般常識は、まず、対策本をやります。

通訳案内士試験 地理・歴史・一般常識テキスト&問題集

フランス語はまず基本的な文章を書くことをやります。

即効!フランス語作文: 自己紹介・メール・レシピ・観光ガイド

繰り返し方ですが、

通訳案内士試験 地理・歴史・一般常識テキスト&問題集は、覚える量が多いので、本を解体して持ちやすい量(20ページくらい)にして、ホッチキスでポチッと止める。通勤電車などで何度も読みます。(やっぱり音読かな?)

即効!フランス語作文: 自己紹介・メール・レシピ・観光ガイドは、間違えた文だけをPCでエクセルに日本語<->フランス語の対比ができるように打ち込み問題集を作り、何度も解きます。


ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
banner_03.gif

テーマ: フランス語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する